高校留学で選択肢を広げよう

留学というと、大学時代や大学卒業後に行くというイメージをされる方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、あえて高校留学を選ぶメリットについて、お伝えします。
まず、高校生のうちに親元を離れ世界を知ることによって、見識が広がります。


家にいては気づかなかったこと、日本にいては知らないままだったことがたくさんあることに、気づくことができます。留学というと言語を学ぶというのが主な目的ではありますが、学べるのは言語だけではありません。

その土地の文化や生活を知ることは、日本でどれだけ勉強をしてもできないことです。


高校留学をして世界の広さを知ることで、その後の人生の選択肢も増えていきます。また、大学入試においてその経験が有利になることもあります。



言語の試験に有利なことは言うまでもありませんが、それだけではありません。

朝日新聞デジタルのことなら、こちらをご参考にしてください。

短期であれば帰国子女枠にはなりませんが、推薦入試やAO入試では高校時代の経験から何を学んできたかが重視されますし、留学をして学んだことは自己アピールとして大変有効です。


一方で、留学をすることで留年をしたり、同級生と一緒に卒業ができなくなってしまうという心配をされる方もいらっしゃると思います。


そういう場合は、高校の制度として留学をするという方法が考えられます。



留学先は限られてしまいますが、高校同士で提携していてお互いに単位が認められていれば、留学をしても3年で卒業することも可能な場合があります。

高校留学は、その後の人生の選択肢を大きく広げてくれます。